レース編みの手提げ袋 / 尊厳の芸術展


繊細なレースで外側を覆い、内側の赤い布がちらちらと見えているのがかわいらしい手提げ袋。


素敵なデザイン。
そして粗忽者の私ならすぐにレースをどこかにひっかけてほつれさせてしまいそう。

持ち手の部分に修繕のあとあり。

大事に大事に使われてきたんだろうなぁ。



普段、ほぼリュックしか使っていませんが、バッグは大好き。
自分のお気に入りのバッグだと、気分のうきうきしてきます。
これを使っていた女性は、どんな思いでこのバッグを使っていたんだろう。


「尊厳の芸術展」で見たものすべてに対し、これらのものがいかに支えになったのか、いかに「自分らしく生きる」ことにつながったのか、どういう気持ちでこれらのものを使っていたのか、知りたくなります。








コメント